こんにゃくセラミド健美肌プロジェクト

menu

こんにゃくセラミド健美肌プロジェクト

トピックス

5月29日は
「こんにゃくの日」
こんにゃくの新しい食べ方に注目

2020.05.12

こんにゃくといえば群馬県!

こんにゃく芋の9割は
群馬県で生産されている

こんにゃくの原料であるこんにゃく芋。群馬県は地理的条件に恵まれ、全国の収量の9割を占める一大生産地となっています。最近では、こんにゃくが海外で増えている完全菜食主義者「ビーガン」の方々に好まれていることから、食品の輸出や海外展開を支援する団体では、こんにゃく製のパスタなど、ビーガン向けの料理の調理法をまとめた冊子を作成するなど、海外への発信も進めているようです。

こんにゃく料理のイメージ

5月29日は「こんにゃくの日」
新しい楽しみ方も

種芋を植え付けるシーズンである5月であること、そして、「こ(5)んにゃ(2)く」の語呂合わせから、全国こんにゃく協同組合連合会は平成元年に5月29日を「こんにゃくの日」と定めました。こんにゃくを使用した糖質ゼロ麺や、タピオカの代わりに粒状のこんにゃくを使ったタピオカ風ドリンクの登場など、こんにゃくの新しい食べ方も広がってきています。

こんにゃく製造過程で
生まれる
「こんにゃくセラミド」

こんにゃくの製造方法とは?

こんにゃくの原料はこんにゃく芋ですが、地面の中にある球形に肥大した茎で、通常3年ほどかかって成長します。

こんにゃく芋そのものは、そのままでは食べることはできず、長期の保存もできません。そのため、こんにゃく芋を乾燥させて精粉(せいこ)と呼ばれる粉にしてから加工します。

今、こんにゃく製品を1年中食べられるのは、この精粉を加工するようになったためなのです。

精粉を使ったこんにゃくの作り方

無駄なものから価値が
見いだされた
「こんにゃくセラミド」

こんにゃく芋の加工の中で、こんにゃくの製造には使われないものから「こんにゃくセラミド」という成分が抽出できます。

精粉にする加工方法のおかげで、こんにゃく製品を1年中食べられるようになった一方で、精粉にする際に、捨てられてしまう部分も生まれてしまいました。

それは「飛び粉(とびこ)」と言います。かつてはただ無駄なものとして捨てられたり、肥料として使われていましたが、その「飛び粉」から、肌の潤いやバリア機能強化に大いに貢献するセラミドを抽出することができることがわかりました。これが「こんにゃくセラミド」です。

こんにゃく芋の飛び粉
こんにゃく芋の飛び粉

こんにゃくセラミドを
活用した取り組み

今年、全国のこんにゃく収量の9割を占める群馬県にて、群馬県産の「こんにゃくセラミド」を活用した新たな食の特産品を、群馬県内の企業等に開発いただく取り組みとして、「群馬県産こんにゃくセラミド新特産品アワード」が開催されました。群馬県内の企業等15団体から全26品の新特産品案が集まり、応募された新特産品案は、検討委員による協議をもって『群馬県産こんにゃくセラミド新特産品アワード推奨商品』として認定されました。その認定商品の中で、こんにゃくセラミドを使用した新発想の案として、「こんにゃくセラミド未来賞」を受賞された新特産品案を紹介します。

群馬県産こんにゃくセラミド新特産品アワード

OHANA Cake’s 株式会社
「もっちり Chiffon in こんにゃくセラミド」

OHANA Cake’s 株式会社「もっちり Chiffon in こんにゃくセラミド」
受賞ポイント
こんにゃくとお菓子の相性がなかなか難しい中で、こんにゃくセラミドによりお菓子への添加を可能にし、「もっちり」とした食感が加わるというこんにゃくセラミドの新しい可能性を発見してくださいました。こんにゃくセラミド未来賞

担当者さまのコメント

OHANA Cake’s 株式会社「もっちり Chiffon in こんにゃくセラミド」担当者

こんにゃくセラミドを加えることで、「もちっ」とした食感と「しっとり」とした仕上がりが実現した、プレーン味のシフォンケーキです。

OHANA Cake’sは、群馬県藤岡市で洋菓子、焼き菓子を中心に製造、販売しています。
以前から、こんにゃくは群馬の名産として広く知られており、お菓子の分野でも群馬の特徴を生かした製品作りができないか考えていた中で、今回の新特産品アワードを知り、チャレンジしました。

株式会社北毛久呂保
「フルーツこんにゃく
こんにゃくセラミド plus ブルーベリー味」

株式会社北毛久呂保「フルーツこんにゃく こんにゃくセラミド plus ブルーベリー味」
受賞ポイント
こんにゃくセラミドを練り込むのではなく、出来上がった乾燥こんにゃくにかけてしみ込ませるという特殊な製法に成功。こんにゃくセラミドが加わったこんにゃくの新しい食べ方を提案してくださいました。
こんにゃくセラミド未来賞

担当者さまのコメント

株式会社北毛久呂保「フルーツこんにゃく こんにゃくセラミド plus ブルーベリー味」

こんにゃくに果汁を浸みこませ乾燥させた商品です。こんにゃくをベースにすることで、グミやドライフルーツに比べカロリーは1/2に。食物繊維も多く含むため、健康志向の方にもおすすめです。

北毛久呂保は、群馬県利根郡にあるこんにゃくメーカーです。こんにゃくは調理に手間がかかり、食べづらいため、簡単に持ち歩きができて食べられるこんにゃくをコンセプトに、乾燥こんにゃくを作りました。


茂木食品工業株式会社
「ぷるるん蒟蒻 タピオカ plusこんにゃくセラミド」

茂木食品工業株式会社「ぷるるん蒟蒻 タピオカ plusこんにゃくセラミド」
受賞ポイント
こんにゃくのつるんとしたイメージと、潤いあるお肌のぷるるんとしたイメージをうまく製品へ導いてくださいました。こんにゃくセラミド未来賞

担当者さまのコメント

茂木食品工業株式会社「ぷるるん蒟蒻 タピオカ plusこんにゃくセラミド」担当者

こんにゃくタピオカにこんにゃくセラミドを配合し、ヘルシーで女性にも嬉しいタピオカに仕上げました。

茂木食品工業は約50年に渡り、下仁田でこんにゃくを製造販売しています。「ぷるるん蒟蒻 タピオカ plusこんにゃくセラミド」は、こんにゃくの香りがほとんどなく、単体でも、ヨーグルトなどに入れても食感を楽しみながら美味しく召し上がっていただけます。

こんにゃくセラミド製品は続々登場!

こんにゃくセラミドを活用した製品は続々と登場し、日々の生活に手軽に取り入れることができます。